体験談

猫をなでたい!・すぐ逃げる野良猫と仲良くなる方法

更新日:

「近所にいる野良猫をなでたい」

 

この思いから始まりました。

 

いろいろやった結果、野良猫をなでることに

成功しました。

そんな猫と仲良くなる方法を紹介します。

 

目次

・見かけた猫を追いかけてみる

・やっぱり「エサ」は重要

・時間をかけて慣れる

・自分の足元にエサを落としてみる

・やっと猫をなでることに成功

・マタタビをあげてみる

・野良猫について

 

見かけた猫を追いかけてみる

外に出るとたまに野良猫が歩いている

のを見かけます。

 

「やった!猫発見!」と

なるべく音を立てずに近寄りました。

 

が、やはり猫の聴力にはかないません。

 

正反対を向いているはずなのにバレました。

猫の耳はしっかり音をとらえて

動いているのが見えます。

 

猫はすぐに走り去って行きました。

 

やっぱり「エサ」は重要

追いかけても逃げるので「エサで釣る」方法を

試しました。

 

家にあった「煮干し」を使いますが、

見せてもやっぱり逃げます。

 

野良猫は警戒心が強くなかなか近寄っては

くれません。

 

お腹が空いているはずなんですが

いきなりは釣られないようです。

 

直接がダメなら間接的にと思い

猫が寄ってきそうな所へ煮干しを置きました。

 

次の日に確認すると煮干しを食べてくれたみたいです。

きれいに無くなっていました。

 

その後も何度か繰り返しました。

煮干しだけでなく鶏肉・豚肉・牛肉・魚

をあげます。

 

魚の骨は刺さってケガするので、あげない方が

いいようです。

 

時間をかけて慣れる

毎回同じ場所でエサをあげ続けると

覚えてくれたのか猫が近寄ってきます。

 

距離は10mくらい離れていますが

逃げなくなりました。

 

エサを投げるとくわえて走って行きます。

食べ終えると、また近寄ってきます。

 

何日か続けてみました。

 

あいかわらず、こちらが近寄ると

逃げていきますが、ペースはゆっくりになった

気がします。

 

自分の足元にエサを落としてみる

猫の待機場所がだんだんこちらへ

近づいてきます。

 

猫は6mほど離れたところに

座っています。

 

触れるところまで来てくれるのか

試しに自分の足元にエサを落としました。

 

猫はこちらの足元をジッと見つめます。

 

食べ物を見つけると猫の目は

普段よりも開かれて、丸くなっている

ようです。

 

鼻を細かく動かして臭いを

確認しています。

 

しばらくして私の足元まで近づいて

エサをくわえました。

少し逃げ腰です。

 

手が届く位置ですが、猫に慣れてもらうために

触りませんでした。

 

猫はすぐに離れます。

 

やっと猫をなでることに成功

成功です!やりました!

なんて柔らかい毛並みなんだ!

ずっとなでていたい!

 

足元へエサを落としてなでる作戦を

繰り返してようやくです。

 

でも、なでていいのは猫が下を向いて

エサを食べている間だけなんです。

 

猫と目が合うとまた逃げ腰になって

離れます。

 

一度なでると少し警戒されました。

なですぎはダメみたいです。

残念でした。

 

マタタビをあげてみる

猫にはマタタビです。

マタタビの成分が猫を酔っぱらいの

状態にします。

 

猫のリラックスに良いのですが

量が多すぎると健康に悪いようです。

 

マタタビの実が近所の道の駅に売っていたので

買いました。

粉末ならペットショップで売られています。

 

実よりも葉っぱの方が成分が強いそうです。

 

猫にマタタビの実をあげてみると

地面に身体をこすり付けはじめました

 

ゴロンゴロンとくねった後

「ハッ!」と我に返ります。

 

ヨダレが出る場合もあります。

 

キャットニップ(イヌハッカ)もあげましたが

反応がありませんでした。

 

野良猫について

地方自治体によっては野良猫にエサを

あげないようにと決められている場合が

あります。

 

野良猫を無理に捕まえようとすると

爪で引っかかれたり、かじられたりします。

 

私は一度猫に引っかかれた経験がありますが

傷がなかなか治りませんでした。

 

釣り針みたいな爪です。

爪とぎをしているから当然ですね。

よくわからない菌も恐いです。

 

私が野良猫をなでるまで、一か月くらいかかりました。

 

こんなに時間の取れない人は

猫島やネコカフェ、知り合いの飼い猫がオススメです。

 

どこにでもいる近くて遠い存在

 

そんな野良猫の話でした。

ありがとうございます。

 

 

「そういえばこの猫の鳴き声

 一回も聴いたことがないなぁ」

-体験談

Copyright© なぐさめドットコム , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.