体験談

イヤな飲み会へ行くのは絶対に後悔する

更新日:

「飲み会なんてやめてほしい」

「お酒に強い人がうらやましい」

そう思ったことのある人はいませんか?

 

会社で飲み会に行くと、お酒を勧められます。

これがなかなか断りにくい。

 

そもそも飲み会自体に行きたくない。

そんな飲み会の話を紹介します。

 

目次

・酒に強い人がいる

・飲み会への誘い

・「ワリカンで」だった

・後悔しないために

・酒に飲まれる人たち

 

 

 

酒に強い人がいる

飲み会に誘われると喜ぶ同僚がいました。

「この人は酒に強いんだろうな」

 

私は体質が違うのかなと思っていたんですが

「なぜお酒に強いんですか」と尋ねたところ

若いころから飲んでいた。

 

飲んで吐いてを繰り返していた。

まえから飲み会に参加していた。

それでいつのまにか慣れていたそうです。

 

海外の人はアルコールの分解が早いから

お酒に強いようです。全員ではないのでしょうが。

 

平気な顔をして、何杯も飲んでいるのは

とてもうらやましく思ったものです。

飲み会への誘い

私は「好きなら好き」「イヤならイヤ」と

はっきりできる性格ではなかったので飲み会に

参加していました。

 

相手は良かれと思って誘いに来るのか、

仕事の時よりも必死な態度です。

 

断ったら仕事に影響するんじゃないかという不安も

頭をよぎります。

 

しつこい人は本当にしつこい。

巧みな方法でアプローチしてくるのは

この人が営業課だからでしょうか。

 

「ワリカンで」だった

年に一回程度ならまあいいかと思いますが。

結構多いんですね。飲み会。

 

新年会、忘年会、歓送迎会など。

個別に何人かでいくこともあるでしょう。

 

そしてお金がかかる。

「今日は上司のおごりだー」なんて

毎回あるわけがありません。

 

「ワリカンで」「えー、ひとり○○○○円ねー」

金額を聞いてギョッとします。

 

お店にもよりますが普通の食事代に比べると高い。

昼食代、何回分に匹敵することか。

 

飲まない人は食べるのみです。

でも居酒屋だと総合的に脂っこいから、

そんなに食べられないんですね。

 

私は大食いではありません。

話上手でもないです。

 

後悔しないために

 

飲み会へ参加して、高い金を払い何度も後悔した結果

だんだん断るようになっていました。

 

断ることでなにか仕事に悪い影響があるかと

思っていたんですが、特に何もありません。

 

私の思い込みだったようです。

 

私が飲み会の主役だったとして、欠席者に対して

悪い印象は持ちません。みんな忙しいんです。

 

酔っているひとは、普段と頭が違います。

こちらへ絡んできます。

 

なにか必死に話しかけてくるので

こちらもしっかりと聞こうとするんですが、

同じ話を繰り返すんです。

 

話に中身はありません。

こちらの気持ちはわからないようですね。

 

私は会社以外では忙しい付き合いもなかったので

「今日は大事な用事がありまーす」

「だから欠席で」とは言えませんでした。

 

あらかじめプライベートなスケジュールを

作っておいて、忙しい演技をするのはよさそうです。

 

きっぱりと断ることができたら最高ですけど。

 

酒に飲まれる人たち

「酒を飲んでも飲まれるな」

泥酔している人をたまに見かけます。

 

「気分をよくする酒」から「止められない酒」に

変わっているようです。

 

頼れるものがあるだけ幸せなんでしょうか。

身近なところに薬と毒の関係が見えます。

 

飲酒関係の事件はいつも取り上げられています。

酒とはうまく付き合いたいと思います。

 

アルコールは苦手ですが料理酒としては好きです。

-体験談

Copyright© なぐさめドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.