体験談

ビジネス書を100冊読んだメリット(再掲載)

投稿日:

ビジネス書を読んで成功したい。

世の中には成功者と呼ばれている人たちが

いるそうです。

 

成功者の書いた本を読めるなんて、本当にありがたいですね~。

 

100冊のビジネス書を読んで思ったことを紹介します。

目次

 

私にとって少しは効果がありました

ビジネス書を読むと、私も成功しそうな気に

なってきてやる気が出ます。

 

やる気はすぐに失せますが、何もしない

よりかはマシです。

そう考えると少しは効果がありました。

 

本屋と図書館へ

ビジネス書は成功するために必要な、様々な方法が載っています。

 

会社員をしているときから「なんとかして

この会社を辞めてやるぞ」と本屋や

図書館を利用していました。

 

新刊は高いので中古の本を買うことも

あります。

 

人が読んだ本だからという抵抗はなく

内容が解れば気にしないタイプです。

 

利用した図書館になければお取り寄せ、

もしくは購入してもらえるので助かります。

 

近くに図書館があれば、どんどん利用しよう。

 

実際にビジネス書を100冊読んだ感想

読んだ本の内容を全部覚える必要はないので

ほしい部分だけ覚えます。

 

速読できる人がうらやましい。

何冊も読んだ後、なにかがおかしいと

気づくことがあります。

 

似ているテーマなのに、正反対の方法を

紹介していることです。矛盾しています。

 

例1)成功したいなら、成功者のマネをしろ
例2)成功したいなら、成功者のマネをするな

 

おや、どっちが正しいんだ?初心者には

わかりません。

 

これは著者と読者の状況が違うから、矛盾は

出てきます。

 

時代の流行、経験、好きなこと、欲しいもの、持っているもの。

違うことのほうが多いですね。

 

条件が違うのにまったく同じことをしても

意味がありません。

 

気に入った本が見つかると、同じ著者の本を

探します。

 

本の最後で、過去の作品が紹介されている

場合があります。

 

読んでみると「二冊目のこれは一冊目のこれと

似ているな」と気づくことがあります。

 

成功するために大事なことは、本を読むことではなかった

ビジネス書には素晴らしい成功体験

成功するための方法

 

自由、リッチな生活がこれでもかというほど

紹介されています。

スゴイスゴイ。

 

それで読んだ人はいつ成功するのって話

になります。

 

読者は著者の紹介する「○○○で日本一に

なった」とかいう自慢話を知りたいわけでは

ありません。

 

著者のように、もしくは著者以上の成功を

目指しているものだと思います。

 

「でも行動しないと欲しいものは

手に入らない」

 

方法を知っても、自分でやらないとお金はもらえません。

 

それじゃあビジネス書を読むのは、時間のムダなのか。

 

私はこれまでかけてきた時間、お金はムダに

なったとは思いません。

 

少なくとも自分自身のためになったと考えます。

 

「いつになったら成功するんだ」といわれても

今は「わかりません」としか言えませんが

勉強は続けるつもりです。

おすすめのビジネス書

ビジネス書をおすすめするとしたら

古いものを勧めます。

 

50年くらい前に出版されたものでも

現在に通用します。

 

なぜなら人の考え方はいつの時代も同じ

だからです。

 

総合的なものと自分の興味のある分野

(株とか不動産、経営、ネット副業など)

を数冊読めば、充分です。

 

でも本を読むよりもずっと楽なのは

聴くことです。

 

集中して活字を追いかけると、疲れるんです。

疲れるとやる気もなくなります。

 

私はオーディオブックを買いました。

CDだったのでパソコンで聞きます。

 

ダウンロードできると便利ですね。

昔はカセットテープだったそうです。

 

眠りながら聴くと頭に入ってくる気がします。

時間がたっても本より記憶に残ります。

 

通勤、通学中に時間があれば聴いて

覚えることをおすすめします。

-体験談

Copyright© なぐさめドットコム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.