体験談

睡眠不足を解消!後悔しないようにしっかり眠る方法

更新日:

毎日きちんと眠れていますか?

睡眠不足になるとすべての能力が低下する

といっても過言ではありません。

 

そのくらい重要です。

朝型、夜型あると思いますが、睡眠時間は

しっかり取りましょう。

そんな睡眠不足の解消について紹介します。

 

目次

・カフェインをあまり取らない

・光が強い

・もっと清潔に

・ちょうどいい枕とポーズ

・ひたすらリラックス

・耳栓で音を遮断する

・やっぱり運動

 

カフェインをあまり取らない

睡眠不足の原因になるカフェインを

取らないようにします。

コーヒー、紅茶、緑茶に含まれます。

 

コーヒーはドリップするレギュラータイプと

粉末のインスタントコーヒーとでカフェインの量が

違います。

 

レギュラータイプの方がカフェインが多いです。

コーヒーに比べて紅茶、緑茶はカフェインが

少ないですが何杯も飲むと量は増えます。

 

カフェインレスもあります。

蕎麦茶はカフェインが含まれません。

 

光が強い

寝る前に明るい部屋にいると目がさえて

寝つきが悪くなります。

眩しい光が原因です。

 

体内のリズムが崩れます。

私もパソコンやスマホ、タブレットをよく使って

いるとすぐには眠れません。

 

もっと清潔に

ぐっすりと眠るためにはベッド、布団、部屋を

清潔にしておきましょう。

 

私はカビとほこりのせいでクシャミが出ると

なかなか止まらないという症状に困っています。

 

掛け布団、毛布、マットは日光に干して

掃除機でダニのしがい、ほこりを吸い取ります。

 

丸洗いできるものは洗濯しましょう。

健康のためにも定期的な掃除が大切です。

空気清浄器も効果的です。

 

特に寒い時期は湿度を一定に保って

ノドや鼻の粘膜が乾かないように守ります。

風邪の予防にもなります。

 

ちょうどいい枕とポーズ

枕の高さも睡眠に大きく影響します。

眠るときのポーズによって高さは変わります。

 

仰向け、横向き、うつぶせなど性格で様々な

お気に入りのポーズがあることでしょう。

 

私は、とても疲れているときは仰向けのまま

眠ります。

 

しかし普段は寝つきも悪いので

左横向き・仰向け・右横向き・うつぶせと

何回転かしています。

 

ひたすらリラックス

眠るときの考え事によっては眠れないことが

あります。

 

勉強について、仕事について、あまり深く

考えすぎると頭が興奮状態になって

眠れません。

 

こんなときは呼吸だけに意識を集中します。

無理なくできる範囲で、ゆっくりと呼吸します。

ヒツジの数をかぞえるのは有名です。

 

ヒツジでなくても、数字を呼吸に合わせて

かぞえることも効果的です。

 

催眠術の方法で、体の一部分から

だんだん重くなる、温かくなるという暗示も自分で

できます。

 

一人で温泉につかっている所、草原に

寝ている所など好きな場所をイメージしましょう。

全身リラックスすることが大事です。

 

耳栓で音を遮断する

入ってくる音を遮断する

静かな場所に住んでいるなら幸せですが

日本は多少の騒音が存在します。

 

人の話し声や歩く音・車やバイクの走行音・

飛行機・電車・サイレン

自然の雨風・雷も気になります。

 

時計の音が問題の方は、遠くに置くか

買い替えましょう。

 

音は自分の身体だけで遮断し続けるのは

難しいです。手や腕で耳をふさいだまま眠るのは

難しいです。

 

耳栓を使います。

耳栓の種類によっては長時間つけていると

痛くなって眠れません。

 

私はスポンジタイプだと痛いので

飛行機用の耳栓をよく使っています。

 

全く音が聞こえなくはなりませんが

騒音はほとんどカットされました。

 

横を向くと枕と耳奥で耳栓が挟まれて

違和感がありますが。

 

お金をかけられるのなら防音の部屋が理想です。

 

 

やっぱり運動

疲れていると眠りやすいです。

 

こんなときに横になって目をつむると

頭が引っ張られるような、めまいのような

感覚に襲われます。

こうなるとすぐに眠れます。

 

日光を浴びて、もっと運動をしましょう。

しっかり眠ると、気分も良くなり

健康へとつながります。

 

 

 

-体験談

Copyright© なぐさめドットコム , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.